まちで学ぶ、遊ぶ、参加する


実証実験

環境共生型社会の実現に向けたまちぐるみのエネルギーシステムや新交通システム、地域ICT(情報通信技術)や高齢化社会に対する仕組み、新産業創造の仕掛けづくりなど、市民の皆さんの協力を得ながら進めています。


プログラム一覧

かしわスマートサイクル
次世代環境都市づくりを目指す柏の葉地域では、「自転車分担率10%増加」という具体的な目標を設定し、その実現に向けて自転車が利用しやすい環境づくりを進めています。2009年6月には、街で自転車を共同利用するコミュニティサイクルの社会実験を実施し、同年11月には「かしわスマートサイクル」として、無人管理システムを導入しています。
マルチモビリティシェアリング
「いろんな乗り物"街乗り!"シェアリング」は、市内に設置された複数の無人ポートで24時間レンタル可能な電気自動車や電動バイク・自転車等車両をまちで共有し、利用後は最寄りのポートに返却できる仕組みです。通勤・通学、ビジネス、ドライブやサイクリングまで、楽しみ方は自由自在。好きな時に、好きな乗り物で、エコで快適な街乗りをお楽しみください。
小さな公共空間|PLS
PLS=Public Life Spaceは、柏の葉イノベーション・デザイン研究機構が主体となった新しい時代の公共空間のあり方を探る実証実験です。三協フロンテアの「ユニットハウス」を使い、UDCKの敷地内に実験施設3棟を設置、試験運用してきました。
公衆電源サービス
「公衆電源サービス」とは商業空間や公共空間など、まちなかに設置されているコンセントから給電を受けられるサービスの社会実験です。様々な電化製品のモバイル化が進む中、新しいコンセントのあり方を通じて、近未来のライフスタイル探るべく実施しています。
柏の葉オープンイノベーションラボ(KOIL)
KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)は、170席あるコワーキングスペースの他、3Dプリンタ等が揃うファクトリー、大小ミーティングルーム、イベントスペース等を備えた”OPEN INNOVATION”実現の場です。TXアントレプレナーパートナーズによる、ベンチャー企業支援プログラムも提供されています。
TXアントレプレナーパートナーズ(TEP)
多くの先端技術や先進的研究が集まるつくばエクスプレス(TX)沿線の地域特性を生かし、筑波・柏の葉・秋葉原を核とした多くの起業家を育成・支援するネットワーク組織として設立されました。日本のアントレプレナー活動の中心的役割を担いながら、海外との交流を積極的に持ち、産業の視点から地域の活性化を図っていくことを目指しています。

現在募集中のイベント